労働安全衛生

東レグループの企業行動指針の一番目には「安全・衛生・防災・環境保全を最優先課題とし社会と社員の安全と健康を守り環境保全を積極的に推進します」と掲げており、全従業員が安全最優先を認識し、業務に取り組んでいます。また、当社では経営者層、管理者層および一般層の全従業員が、関係会社や協力会社と一体となってトータルゼロ災を目指して地道な安全活動に取り組んでいます。

労働安全教育の充実

東レエンジニアリンググループでは社内の専門教育、階層別教育や研修における安全防災教育はもとより、昨今、労働災害対策の主軸として推進されているリスクアセスメントについて、全従業員が正しく理解して取り組めるよう、厚生労働省指針に対応した「リスクアセスメント教育」の全社展開を図っています。
設備工事を主体とした建設業と生産用機械器具製造業を併せ持った事業形態であることから、非定常な作業が多い職場環境でもあり、安全知識を持って設計や施工に対処する力が必要となります。そのためにも、リスクアセスメントが目指す事前管理に移行し、リスクを先取りして「安全考動」できうる力を養えるよう、教育の充実化を推進しています。
当社では、TPM活動を業務の効率化・改善のためのツールだけに留めず、安全な職場の実現・トラブル/クレームのゼロ化・納期短縮/コストダウンを推進するツールとして全社展開しています。

交通災害ゼロを目指して

労働災害と共に交通災害ゼロを目指して、春や秋の全国交通安全運動に合わせて立哨活動、また交通KY演練や交通安全講習会などを開催して、交通安全活動にも積極的に取り組んでいます。