施設事業部

東レ及び東レエンジニアリンググループで長年培ってきたノウハウと要素技術を生かし、お客様の視点に立ち、お客様のニーズを忠実に反映し、且つ最適なご提案とエンジニアリングを提供いたします。

事業内容

東レ三島工場及び東日本地区の東レ各工場において、生産設備の新設、改造などの計画から設計、施工管理、試運転助勢まで一貫した機械・電気・計装エンジニアリング業務を提供します。

設計業務

お客さまから提供いただくプロセスノウハウをもとに詳細設計を行います。
お客さまのやりたいことを最適な設備仕様として具現化します。
3Dツールを駆使して、設計・事前検討を行い、競争力ある設備をスケジュール通り納入します。

3Dツールとして以下の対応が可能です。

  • 3D計測(スキャン)
  • 3D-CAD
  • 3Dプリンターでの模型製作

設計例1【3Dスキャナーを使った例】

既設建屋と別の場所にある装置を別々にスキャンし、結合します。
建屋の搬入出経路での干渉をチェックすることで実工事でのトラブルを事前に回避することが可能になります。
具体的な施工方法を事前に計画することで、安全でコストを考えた最適な手法で施工が可能になります。

  • 3D_SCANNER3D_SCANNER 建屋点群と機器点群
  • 3D_SCANNER

設計例2【3D-CADとスキッド工法】

3D-CADを使い、製作工場で事前組立を実施します。
製作前に3Dプリンターで 模型を製作し細かい確認をすることもできます。

ユニットとして組立後に搬入するスキッド工法では、現地工事の期間を短縮するこが可能になります。
また工期だけでなく、現地工事費を削減することで安全・遅延のリスク回避にも役立ちます。
お客さまの早期生産立ち上げに貢献することが可能です。

  • 3D_CAD3D_CAD 新規モデリング
  • スキッド工法スキッド工法
  • 3D_PRINTER3D_PRINTER モデリング造形

施工管理

東レグループで培った安全最優先の思想をもとに、従業員はもとより、協力会社を含めた災害予防に取り組んでおります。
定期的に安全パトロールを実施し、現場の安全確保に努めるとともに、施工検討会や毎日のTBMでのKY活動やリスクアセスメントによって危険要因を洗い出し、ゼロ災害に取り組んでいます。

施工管理は安全管理の他に品質管理、工程管理、コスト管理などがあります。

施設事業部の施工管理

  • お客さまと打ち合わせなどを重ね要望を取り込み、仕様を確定していきます。
  • 工事費の予算を算出するため、機器・材料費や施工費を算出し、管理していきます。
  • 施工の計画を検討し、機器や材料の納期に合わせ最適な工期を算出したうえで施工をしていきます。
  • 現場監督として工事の現場で仕事をする施工者たちの仕事を監督し、工事がスムーズに進むように現場で働く人たちをまとめ上げ、また職種が違う同じ現場で働く人たちとの調整などを行い、働く人たち全ての安全を確保していきます。
  • 日々の工事の進捗を管理し、決められた工期以内に進めるように調整を行い完了していきます。
  • 決められた設計・施工基準に合致しているか検査や試験をし、お客さまに引き渡しをします。

施設事業部の施工管理は高度な技術と確かな管理で施工に関わる「安全・品質・工程・コスト」の施工管理業務を的確に技術フォローするプロフェッショナル集団です。